美容師免許専門コース

カリキュラム

 

美容師免許専門コースの必修科目

関係法規・制度 30時間
衛生管理 90時間
保健 90時間
香粧品化学 60時間
文化論 60時間
美容技術理論 150時間
運営管理 30時間
美容実習 960時間

 

美容師免許専門コースの選択必修科目

撮影(対人コミュニケーション) 60時間

たのしいカメラ学校の矢島先生に撮影の基礎からしっかりと教えてもらい、スマートフォンのカメラでの撮影、写真の編集の仕方、SNSでの投稿の仕方などを学んでいきます。ポートレートはもちろん、物の撮り方、光の当たり方など撮影の際に役に立つ知識を学ぶことができます。

カット(対人コミュニケーション) 60時間

カットの基礎を教員から学び、現場で働くプロに来ていただき、より実用的なカットを教えてもらいます。

 

 

 

卒業制作(対人コミュニケーション) 120時間

学んできた多くの技術やセンスを表現する機会を作るとともに、発表し、支持されるレベルを目指します。作品作りは「個性」で行うものですが、「お客様の評価」を考え作ることも大切なことなのです。

 

 

 

色彩学 60時間

色について知り、色を好きになることを目標として「お客さまと色について話せる美容師の育成」を目指します。

 

 

 

 

国家試験演習 60時間

国家試験の模擬実習などを行い、美容師免許を合格するために必要な技術と知識を拡充します。

 

 

 

対人コミュニケーション 60時間

スポーツやレクリエーションなど、「多くの人との交流」を通し、人間関係の構築や、協力、友達作りなど、現代社会を生きていく上で必要なコミュニケーション能力を養います。

 

 

 

メイクアップI 90時間

shu uemuraのメイクアップテクニックを学びます。メイクアップの知識やテクニックがなければ、トータルアドバイスは不可能です。目指すのは「お客さまに施術できるレベルのメイクアップ」です。

 

 

 

サロンワーク演習 120時間

美容室に入社して1年目で仕事として行う技術を集中的に勉強します。ヘアサロンの環境に早い段階で慣れ、業界で早期挫折をしないために、「ヘアサロンで望まれている仕事」を理解し、修得することが主な目的です。

 

 

 

ヘアカラー 90時間

ヘアカラーを選択必修科目とし、理論と技術の習得を目指します。薬剤の調合、基本的な塗り方、元の髪の色を考えて薬を選ぶ方法、美容師だからできる特殊な技法などを学びます。

 

 

 

課外授業

 

課外授業とは、普段の授業を行いながら「もっと勉強したい」と思った課目が見つかった時に、授業以外の時間を利用して「本当にやり込みたい人」たちだけが集って行う「特別授業」のことです。 ほとんどの課目を「美容現場のプロ」が教えに来てくれます。学校の先生は美容師の基礎作りのプロフェッショナルですが、「美容現場のプロ」は「今、流行っていること」のプロフェッショナルです。基礎をキチンとマスターしてから「最新の技術」を習って、確かなものを身につけていきましょう。

 

ページトップへ