ワインディング★ガンバリスト

今回のガンバリストは、ワインディング★ガンバリスト

gwinding (80)

 

星野 海人くん
出身校:神奈川県立麻生総合高等学校

安里 綾乃さん
出身校:神奈川県立住吉高等学校

橋爪 智哉くん
出身校:神奈川県立新城高等学校

 

2年生は、

7月6日にワインディングの実地期末試験を行いました。

国家試験と同じ採点方式であったのにも関わらず、

3人は最も良い評価 A°でした🌟

今回は、そんな3人に日頃の努力や

気をつけていたことをインタビューしました!!

 


 

 

S:実技試験でA°を取った時の感想を教えて下さい!

星野:自己評価をした時、

満足の作品とはいえなかったので

gwinding (49)

嬉しさより驚きが大きかったです。

安里:今までは思うような結果が出なかったので

今回、こうやって結果が出て良かったです。

gwinding (19)

橋爪:A°を取りたいという気持ちで

望んだので素直に嬉しかったです。

巻き終わった作品を自分で見ても

A°は妥当だと思いました。

gwinding (16)

S:ワインディングをするとき、

やり方や練習方法などで気を付けてることは?

星野:タイムは授業中に意識し、

ネープのラウンドやオンベース・1/2オフベースなどの

細かい規定の練習を家だったり放課後に練習してます。

安里:練習は量より質だと思っているので、

いかに1回の練習で自分の出来ていない所を理解し

サンプルの角度や見た目をイメージしながら、

gwinding (32)

出来る様になるまでやっています。

橋爪:サンプルにどれだけ近づけるか、

見た目のキレイさに一番こだわっています。

キレイに巻くためには

シェープが一番重要だと思うので、

ワインディングをする時は

キレイにシェープすることに気をつけています。

 

S:上手になろうと思ったのはなぜですか?

星野:上手い人の作品を見ると悔しい気持ちになるので、

毎日練習をしようと思いました。

安里:最初の頃は思った評価がもらえなかったけど、

一度評価が上がった時に

上手くなった方が楽しいし、

頑張りが認められた気がして

もっと上手くなろうと思いました。

橋爪:クラスの中だけでも1番になりたいと思い

ただ練習するだけではなれないと思ったので、

gwinding (53)

毎日継続しなくてはという使命感で練習を続けました。

S:技術に対する信念やこだわりはありますか?

星野:技術に対するこだわりは、

人に見えるところだけでなく質感など

髪を触ったときの手触りにもこだわって

作品撮りなどをしています。

gwinding (33)

安里:美容師になった時に、

お客様は

「上手い人にやってもらいたい」と思うので、

学生の頃から自分のレベルを上げようと、

どの技術に対しても全力でやっています。

橋爪:負けず嫌いなので、自分の努力次第で

他と差をつけられるものは

他が追いつけないくらい極めたいと思っています。

S:どのような美容師になりたいですか?

星野:卒業後は技術だけでなく

知識もお客様に提供できるような美容師になりたいです。

gwinding (58)

安里:東京というエリアで

カット・カラー・パーマの全部の技術力で

最高レベルを提供できる美容師になり、

たくさんの女性を綺麗にしたいです。

橋爪:自分の入ったお店の枠に満足せず、

誰に見せても恥ずかしくない技術を

身につけた美容師になりたいです。

 

授業中の練習は、

毎日当たり前のようにあり気を抜いていると

ついただの作業になりがちです。

そんな中、3人は毎回の授業を大切に

目的意識をきちんと持って練習していた結果が

出たのではないかと思います。

何事も自分で課題を考え行動することが

就職してからも重要になってきます。

この経験を活かして、

卒業後も頑張ってほしいと思います!!

応援しています😊

 


 

今年度のオープンキャンパスの予定は

 

8

19()学校説明会同時開催、26()

9

9()学校説明会同時開催、30()学校同時開催

となっておりますので、

ぜひご参加ください!!

オープンキャンパスのご予約は

コチラ?イベント情報

DSC_0317

LINEでのご予約もおすすめです🌟

?オープンキャンパスLINE予約

ページトップへ