Ssbs★スタイリングガンバリスト vol.88

今回のガンバリストは、

スタイリング★ガンバリスト

 

一年生のときからスタイリングを続け、

友達をスタイリングしたり、

Instagramでスタイリングのコツなどを

動画であげたりしている

貝原くんにインタビューしました🎤

 

088

 

2-1 (専門科クラス) 貝原 潤哉くん
出身校:神奈川県百合丘高等学校

 

Q:いろんな技術がある中でなぜ
スタイリングをやろうと思ったのですか?

「美容の技術の中で最初にできることが
スタイリングでした。

実際スタイリングを勉強してみてとても奥が深く、
髪質や毛量、クセが人それぞれあり
みんなが同じスタイリングではないことに
気がつきました。

技術者の加減、調整、カスタマイズが必要で
完全オーダーメイドの技術がそこにはありました。

その手先の感覚を磨いて技術をすることが
楽しくてスタイリングにのめりこみました!」

 

Q:Instagramで作品を沢山あげていますが、
やってみてどうですか?

「自分のしてきたことを形にして発信することが
大切な時代だと感じInstagramにスタイリングを
載せていきました。

やっていく中で感じたのは<技術力>
大切だという事でした。

技術があればその分反響も大きいので
そこに
『自分の技術の価値が出るんだ』
と思いました。

自分の技術を認めていただいて
はじめてお客様が来てくださると思うので、
学生の今のうちから、技術を発信して
評価してもらうことは大切だと感じました。」

 

img_9041

img_9745

(↑貝原くんの作品)

 

Q:スタイリングで学んだことはありますか?

「カット、カラー、パーマなどすべての技術が
スタイリングにも関わってくる
ということを実感しました。

ベースの髪が美しくないといいスタイリングは
絶対にできないことがわかったので、
ベースを良くするカットができて、
立体感を出すカラーができて
奥行きをだすパーマが巻けて、
最後にスタイリングがあったら
ヘアでたくさんの夢が創れる!と感じました。

それなら僕は全部の技術が一流になるために
プロになって技を磨くほかないと思い、
今頑張っています。

それを学べたのがスタイリングでした!」

 

 

 

Q:最後に一言おねがいします!

「その人の格好良さが、
今日も明日もずっと続くことを目標に、
イメージや雰囲気じゃなく、
中身から見た目まで全身で格好良くすることを
目指して技術を勉強していきます!

物と技にこだわり、道具をつかいこなすテクニックを身につけて
「上手い」とたくさん言って頂けるように頑張ります!

ぜひInstagramをチェックしてみてください!」

img_9463

貝原くんのInstagramアカウント

@stylingfor

 


 

 

貝原くんはスタイリングにこだわりを持っていて、

必ず自分のヘアセットも毎日ばっちり決まっています。

美容師になって貝原くんの作るスタイルで

たくさんの人を格好よくしてほしいですね!!

 

これまでの
↓Ssbs★ガンバリストの記事はこちらから↓

Ssbs★ガンバリスト

ページトップへ