Ssbs★ガンバリストカットガンバリストvol.75

今年度初ガンバリスト は、新二年生!!

2年1組 大塚龍平くん ですUPキラキラ


出身校:東京都立浅草高等学校

 

大塚くんは、「カット★ガンバリスト」
1年間、美容学校でさまざまな技術を学んできましたが、その中でも彼が好きになったのはカットですScissors...
1年生の時にカットに興味を持ち、先輩から使わなくなったカットウィッグをもらって練習をしている姿も見られ、興味を持つだけでなくきちんと練習もしていてすごく頑張り屋さんです。
また、練習をして終わりではなくヘアショーで実践をしてみる事もやっています。
今日は、その時のことについて聞いてみたいと思います。

 

Q1 ヘアショーでカットをしてみてどうでしたか?

僕がヘアショーに出たのは今回が初めてだったので、正直とても緊張しました。ステージに出てお客さんを目の前にしたら手も足もすごく震えてしまいました。
リハーサルや練習でステージ練習の実践はしてきたのですが、本番での会場の空気にのまれてしまいました。
その時、もっともっと“人に見られている”と言う事を意識した練習もしておけば良かったと少し後悔も残りましたが、次にヘアショーに挑戦するときに行なう練習方法も発見することができました。

IMG_6140

Q2 ヘアショー当日までにどんな練習をしましたか?

カットに挑戦することは決めていたのでまず、授業で使っているカット用の人形の前髪を切ってみました。
それから30センチ程あるエクステを買ってモデルさんの前髪につけて切ったのですが、短く切ったら浮いてきてしまったりクシで梳かす度に落ちてきて安定しなかったり色々な問題に直面しました。
それなら、エクステよりは短くなるけれど、前髪ウィッグに変えて練習しました。
本番までの2~3週間、カットの練習はもちろん、お客さんに対する見せ方やハサミの開閉練習、その他にも会場の音や照明・舞台構成 なども自分たちで考えたので、練習の毎日でした。

 

Q3 ヘアショーを経験する前と後で、何か変わったと感じたことはありましたか?
僕たち学生はまだまだヘアショーを見る側になる事が多いのですが、本番で輝くためにはその前の準備が大変だと言うことや、自分が思い描いていることをお客さんに伝えられるかなど、ヘアショーを経験した人でないと分からない事が学べたので、美容師さんがヘアショーに望む姿勢がこういうものなのだなと、今までとは見方が変わりました。

IMG_9843

 

Q4 将来、どんな美容師になりたいですか?
僕はカットが大好きなので、髪を切るお客さんにもカットされるならこの人!と思われるような美容師になりたいです。
ただお客さんに頼まれたことをする美容師ではなく頼まれた事をその人に似合わせ、切った後の伸びたことも計算し、その人にしか似合わない、且つお客さんにもずっと気に入ってもらえるようなカットが出来る美容師になりたいです。
その為には、今回行ったヘアショーのように何事にも“挑戦”し“経験”をして深く広く自分の感性を今のうちから磨いていきます!!

IMG_9953
大塚くん、ありがとうございましたウィンク2びっくり
入学した当初、技術の授業は苦手で苦戦していたように見え、なかなか思うように出来ずにいた彼も、何かをきっかけにスイッチが切り替わったように苦手を克服するべくよく練習をするようになったと感じます。
その結果、技術レベルを上げていく楽しさを覚え、新しいことにも挑戦したい気持ちが芽生えてくれて我々先生側も嬉しい限りです。

 

今後の彼の活躍が楽しみですねほし

ページトップへ