卒業生インタビュー KATE 金野さん

卒業生インタビュー第3回目は

KATE omotesanndou でディデクターをされている金野 朋晃さんにインタビューさせていただきました!

IMG_1133

KATE omotesanndou ホームページ 

 

※以下 s:スミダ k:金野さん

 

s: 宜しくお願いします!

s:美容師の始めのイメージは?

k:カッコイイ!

人生の節目のタイミングでお世話になっていたので、

男の人にしか切ってもらったことがなくて、、、

同性としてカッコイイなと…

 

s:(高校生の頃)通っていたのは地元の美容室ですか?

k:地元の美容室です。

凄いイケメンの美容師さんだったので、

単純にかっこいい人がなる仕事なのかな

と思いました。

細かいことは考えていなく、カッコイイ仕事だなと。

 

s:カッコイイイメージの美容師に実際なってみて、

仕事に対するギャップはありましたか?

k:ギャップは無かったです。

もちろん入ってすぐカットできるわけじゃないので、

そういう意味での「下積み時代」の大変さだったり、

プライベートな時間を割いて美容に費やしたりは

あったかもしれないけど、

美容師になるということにブレがなかったので、

ギャップというか苦ではなかったです。

IMG_1093.

(悪い方の)ギャップはなかったです(笑)

先輩たちが後輩に夢を見させてくれて、

「自分のいる場所(美容業界)がすごく良いところなんだぞ!」というのを

日々のレッスンなどで思わせてくれました。

 

 

s:アシスタント時代に何を考えて仕事していましたか?

 

k:めちゃめちゃ色々考えていましたけど、

同期に負けないとか、1日でも早くスタイリストになりたいとか、上手になりたいことが一番ですかね。単純に。

上手いって言われることの喜びってシャンプーから始まって、カラーの色綺麗だね!とか、純粋に人って褒められると悪い気持ちはないと思うし、スキルアップに繋がるかなと…。

 

s:アシスタント時代はどれくらいでしたか?

k:(以前の店舗で)4年です

kateは3年です。

スタッフの人数が多くないので、

レッスンが密に出来るのでマンツーマン指導できます!

「住田美容専門学校戦法です(笑)(笑)」。

コミュニケーションが取りやすいです。

1日誰とも会話しないなんて絶対ないです。

 

s:美容師になって何が楽しいですか?

k:やっぱり節目節目に頼られること。

結婚、成人式に携われて、それに対して感謝をしてくれて…

本当はこっちが感謝したい位、不思議な感覚になります。

おかげでいい結婚式になりましたとか、

言ってくれたりするんでなんて素晴らしい仕事なんだ!

って思いますね。この仕事をして良かったなあと思うし、

それがあるから続けられるかもしれないです。

IMG_1147.

このエリアで働いてみて思うのが、

プライベートの時間をかなり割いているので、

家にいる時間も少ないし、

親孝行する時間もなかなかないし、

それこそ恋愛を、、、成就させるにも時間がかかるし(笑)、そういうことはあります。

時間の使い方は凄くシビアかもしれませんね。

 

s:このエリア(表参道周辺)は地方のエリアの美容師さんとの違いはありますか?

k:表参道だから凄いとかではなくて、

実際はその人次第だと思います。

エリアで区別しちゃうのはナンセンスなのかなと…

地方のサロンさんですごく上手い人も沢山いますし、

SNSの影響もあって情報のキャッチも(お互い)しやすいんだと思います。

美容熱の高い人がココに集まっているのは

確かだと思います。

IMG_1059

s:kateに立ち上げ当初から携わっていた経緯は?

k:前社の店長が今の代表なんですが、

私が退社した後も連絡は取りあっていました。

代表から構想の段階からお話は聞いていて、

立ち上げのタイミングで声を掛けてもらい、

物件探しから一緒に動いていました。

なのでこの店に対しての想いは強いですね。

いい店だなって思います。いい店だなって思いますね(笑)

IMG_1044.

s:採用試験の面接には立ち会うんですか?

k:立ち会います。

うちは受ける子たちが既にお店に来ていて

ある程度分かっています。

 

s:撮影(外部)のお仕事はされているんですか?

k:はい。有り難いことにいただいています。

↓金野さんの作品↓

_MG_8125 _MG_4701

s:一般誌が多いですか?

k:そうですね。

業界誌は(お店の)代表が担当していて、

一般誌は主に僕より下の世代でやっています。

 

s:何の雑誌(系)ですか?

k:雑誌というよりは、ライターさんと繋がりがあって、

その方から直接依頼がきて、

ヘアカタログやInRedやarの中ページの企画だったり

雑誌はいろいろで、雑誌社の方にお世話になっています。

あと、女性スタッフが多いので外で(雑誌の)スナップ撮影をきっかけに、

うちの撮影に繋がったりもしています。

SEDAやsoup.、arあたりですね。

 

s:今、31?32?

k:いや、今年33ですよ(笑)(笑)

s:そうですよね、もう卒業してそんなに、、、

 

s:実家は帰ったりしていますか?

k:(正月)年に1回です。

親が髪切りに来てはくれますが、

(藤沢ですけど)なかなか会えないですね…

IMG_1041

s:最初に美容師になろうとした時の親御さんの反応はいかがでしたか?

k:意外と、悪くはなかったけど

ビックリはしていました。

突然言ったので。

その頃(高3)謎の考えがあって

みんなとは違う事をしよう!って

思ってました。

美容師になろう!って決めたのは、

高校の時に某美容学校(住田美容ではない…)の方が来られて、

ガイダンスをしてもらって、

その話を聞いてすぐ美容師になりたい!

と思わせてくれて美容師の事ばっかり調べました。

美容師を選んで良かったです。いい仕事だなあと思います。

IMG_1035

s:美容師になって(金野さんが)立派になられた今、ご家族や周りの方の反応(感想)ですか?

k:喜んでくれていますよ。

面と向かっては言わないでですけど、

親の友達とかには「自慢の息子!」みたいなのはあるみたいです。

そういう形の親孝行!をできているのかなって。

何か物をあげるとかでない「裏」親孝行っていうのもひとつの見せ方かなと…。

 

 

s:(美容学校に)住田を選んでくれたのはなぜですか?

k:住田でいいなって思ったのは、

先生との距離が近くてちゃんと自分の事を

見てくれるなと、オレみたいなのも色々聞いて

くれたりもするのかなって思って、

そういうところに良さを感じました!

IMG_1120

同級生にもまだ会ったりしますけど、

ホントに住田で良かったなあってみんな言いますよ!

住田で良かったなあってみんな言いますよ!!!(笑)

お世辞じゃなくて。

 

 

s:美容に少しでも興味がある高校生にメッセージをお願いします!!

k:今はお客さんとして美容院に行ってて

美容師さんを見て、カッコよくしてくれて

スゴイ!とか、可愛いくしてくれてステキ!とか、

そういう気持ちってすごく大事だし、

興味があるなら今度はそれをしてあげる立場に

なっていい想いをしてほしいです。

そういう仕事だって保証できます!

数少ないと思いますこういう仕事は!

IMG_1152.

金野さん、KATEのスタッフの皆さんお忙しい中ご協力頂きありがとうございました!

 

その他の卒業生のSNS情報はこちらから➡卒業生の活躍

 

ページトップへ