卒業生インタビュー Kakimoto Arms ネイリスト桑久保さん

卒業生インタビュー トタルビューティー編 の第二回目は、

kakimoto arms 六本木ヒルズ店ネイリストをされている 桑久保里佳さんにインタビューさせて頂きました!!

kakimoto arms 六本木ヒルズ店 ホームページ

IMG_4689

 

桑久保さんは、メイク科の卒業生です☆

桑久保さんに学校に来て頂き、
技術展示と色々なお話を伺いました☆

※以下、桑久保さん…K スミダ…S

S:ネイリスト目指したきっかけは?

K:小さいころ知り合いのお姉さんにネイル
の仕事をして子供の頃の私の小さい爪に
蝶々の絵を描いてもらったんですね。
それがすごく嬉しくて、こんな仕事も
あるんだなぁって思いました。

高校でいよいよ進路を決める時に
やりたい事を仕事にしたいな思って
やっぱりネイルが好きだからネイリスト
になれたらという気持ちで美容を
選びました。

DSC_0314

S:ネイリストになれたら…ということは
  ネイルスクールに通うっていう選択肢も
  あったと思いますが、なんで美容学校に?
  そして住田を選んだのですか?

K:きちんとした資格がほしかったからです
 ネイルの勉強もしつつ美容師免許を
 取れる学校ってあんまりなくて、住田の
  メイク&ネイルコースに辿りつきました。

S:実際入学してみて、やはりネイルよりも
  国家試験の課題の練習や髪の毛に関する
  授業が多かったと思いますが辛かったり
  しましたか?

K:うーん…毎日ワインディングやって…
  もっとネイルやりたいとは思って
  いました。笑 

  でもその部分は自分で材料買って、
  ネットで動画見ながらアートの練習
  したり、友達の爪をやってあげたり
  学校の課題と平行して私なりにネイルの
  練習をしていました。

S:就職するにあたってkakimoto arms
  を選んだ理由は?
K:まず、自分のすきな雰囲気の作品が
  多かったこと。これは今もよかったと思う
  事なんですけど、自分んが可愛いと思える
  デザインじゃないと作っていても楽しくないんです!笑
  あとはお客様の層が落ち着いていて、私の
  好きなデザインややりたいことに合っていると感じたからです。

DSC_0412

S:入社してから研修期間があったと思いますが、

 どれくらいの期間でデビューしましたか?
K:半年です!最初に半年でデビューしてくださいとは言われていたので毎日モデルさんに来てもらって練習していました。
  Kakimotoでは半年のデビューて早いほうなんですが、他のネイルサロンとかに
  比べると、しっかり研修させてもらえたと
  思っています。

S:研修中の1日ってどういう感じですか?
K:まず営業前に1人か2人、営業中にも
  モデルさんを呼んでいい日は営業中に 
  3、4人、営業後にも1人っていう感じ
  でモデルさんに来てもらっていました。
  アシスタントとしてお客様に接することもありました。

DSC_0307

S:住田の在校生も何人もモデルで行っていましたよね?
K:はい!休みの日に住田の図書室に行って
  在校生に声かけて、定期的に来てくれる
  生徒さんもいて助かりました!!

S:晴れてデビューをしてからの1日は
  どんな感じですか?あ客様の層とか…
K:大体1日に4、5人くらいのお客様を
担当します。お客様は、働いている女性や主婦の方、私のお母さんより年上の方や、男性のネイルケアを担当させて
もらう事もあります。

DSC_0339

S:接客とか会話で気を付けていることは
  ありますか?
K:知らない会話は正直に、知らないです!
  と答えます!!そうすると、お客様が
  教えてくださったり、またそれで新しい
  コミュニケーションが取れたりするので
  知ったかぶりして気まずくなっちゃう
  よりはいいのかなと思っています。

S:デザインの提案などで意識していることはありますか?
K:お客様にはやりのデザインとか聞かれる
  事もあるのですが、やっぱりその人の
  好きなデザインってあって、このお客様は
  フレンチが好きだなとか、このお客様は
  グラデーションをよく選ばれるなって
  いうのは意識しています。
  あとは、私のネイルを見て、そのデザインにして!とオーダーされる事が結構あるので自分のネイルも提案の一つと思っています。

 

S:仕事をしていて緊張するのはどんな時
  ですか?
K:トップのネイリストを指名されるお客様
  に入客するときですかね。緊張します。
  あなた上手い?って聞かれたこともあります。
S:え!!!!なんて答えたんですか?
K:はい!上手いです!!って!
  常にお客様の期待に対しての
  プレッシャーは感じています。

DSC_0383

S:ネイリストになって一番嬉しかった
  事は?
K:私がモデルでお願いしたのをきっかけに
  定期的に来てくれるようになった
お客様がいて、今はその方のご家族とかお友達も私のところに来てくれて
いるです!

S:桑久保さんの今後の目標は?
K:カルジェルのエデュケーターの資格を
  取得することです。
  カルジェルというkakimotoでも取り
  扱っている製品は講習を受けないと
  取り扱えない製品なのですが、その講習
  の講師になることができる資格です。

S:なるほど…教える方にも興味が出てきた
  ということですか?
K:いや、それもありますが…お客様の中に
  はカルジェルのファンの方もいて、とても
  詳しい方ですと、「あなたはエデュケーターの資格持ってるの?」と聞かれることがあるんです。
  その時に、「持っていません」と答えるのが嫌で!「はい、持っています」と即答
  したいんです!
  美容師免許持っていてよかったなと思うのもそうゆう場面です。
  お客様にとって私が何の資格を持っているのかも私を信頼する基準だと思うので。
 
S:その資格の試験は難しいですよね?
K:そうですね。内容としてはネイルケアや
  検定の内容のような赤色を塗ったりと
  内容ですが、審査基準がとても厳しいです。

  でも今年の11月までに取得したいと思っています。

S:頑張ってください!!
  最後にネイリストを目指している学生や
  ネイルに興味がある方へメッセージを
  お願いします。

IMG_4687
K:ネイルの仕事は本当に楽しいやりがいのある仕事。在学中に勉強したパーソナルカラーの知識がとっても役にたっています!!お客様だけでなく、自分の周りの
  人もきれいにすることができる素敵な仕事です。

IMG_4692

 

桑久保さんの話を通して、資格の持つ信頼感
やネイルの仕事の奥深さを感じました。
桑久保さんのこれからに期待しています!!
お忙しい中、ありがとうございました。

ページトップへ