卒業生インタビュー K-tow 三田さん

卒業生インタビュー第7回目は

 K-tow AOYAMA店で  スタイリストをされている三田知花さんにインタビューさせていただきました!

卒業生インタビュー初の女性スタイリストさんです😉✨

K-towホームページ

400t_P1070883-WMIMG_1658

以下s:住田美容専門学校 三:三田さん

IMG_1673

s:美容師になるきっかけは?

三:姉妹だったので、姉の影響でアニメとかゲームじゃなくて
ファッションとか小さいながらコスメにも興味があって
美容が好きだなあというのはありましたね。
小学校6年生の時にはなりたいと決めていました。

影響を受けたのは、通っていた美容室の美容師さんで
ずっと切って貰って、その人の仕事している振る舞いとか
美容室に行く事とかが好きで、入って雰囲気とか香りとか
個人的に印象があったのがきっかけですね。

IMG_8552

s:そのきっかけになった美容師さんに感謝ですね。

三:当時バイトしていたお店に、たまたまお客さんでその
美容師さんが通っていて、何度かお会いしてお話しを
して、ご結婚されている事とかをお聞きしましたね。

s:美容師以外になりたい職業はありましたか?

三:無かったです。。
本当になかったですね、大学に行く選択はなくて
高校は英語が強いところで好きでしたが、それを
仕事にしようとは思わなかったですね。
小さい頃から英会話スクールに通っていましたけどね(笑)

IMG_8559

s:美容師一本だったんですね

三:大学には憧れていましたけど(笑)

s:どういう意味ですか?

三:キャンパスライフには憧れていましたね(笑)
サークル入ってバイトして遊んで、行きながら
将来を考えてみたいなビジョンはありましたけど
高校で進路決める時には、美容専門学校しか見て
なかったですけど(笑)

s:美容専門学校は何で選んでいましたか?

三:最初は、沢山あるので分からないので
大型の美容学校さんをいくつか見に行ったんですけど、
部活の顧問の先生に聞いたら、住田を進められて
「あそこはお前の性格的に合う」と言われて
見に行ったら良かったので決めました。

IMG_8556

s:なんていい先生なんですか(笑)

三:でも凄く怖い先生でしたよ。
昔ながらの先生だったので厳しく指導して
もらいました、色々と(笑)

s:それは進路指導の先生ですか?

三:違いますね、部活の教え子の進路を心配して
くれる先生だったので、お前はどこいくんだ?
とかを聞いていました。

 

s:聞けば聞くほど、いい先生ですね。
  住田美容専門学校の情報を持ってくれていたんですね。

三:古くからいる先生だったので、送り出している生徒も
沢山いたので情報は色々とあったみたいですね。

s:どこの高校ですか?

三:神奈川県の大和西高校です。
もうその先生は、そこには居ないみたいですけど。

s:その先生に進められて住田に来たわけですが
  どの点が気に入ったポイントですか?

IMG_8551

三:人ですね、あとは雰囲気ですかね(笑)
それと1クラスに3人の先生がついてくれて
教えてくれるのは良かったですね。
他の美容学校って生徒の人数が多くて
目が届かない感じだったし教えてくれなさそう
に思えたからですね。
少人数制だから、しっかりと教えてくれそうに
思いました。

s:在学中の就職活動はいかがでしたか?

三:12サロンくらいを見学して、K-towは他の
友達が見に行く話しをしていて、その時は名前くらいで
知っていたけど、正直そんなに興味がなくて
でも行ってみようかなあ程度でサロン見学の電話を
しましたね。
見学した時に、働いているスタッフがイキイキと仕事を
していたので、ここで働きたいと直感で思いましたね(笑)
あとは、自分的に働いているイメージが出来たので。
働いている人の雰囲気が大事だったので。

IMG_8561

s:K-towよりも前に受けた一軒目のサロンが残念な結果に
  なったと思いますが、その時はどんな感じでしたか?

三:凹みましたね(笑)
でも、その後冷静に考えてみても自分に足りない事が
あったと思えましたし、そのサロンに対する熱意が足り
なかったし知らない事があったので仕方なかったですね。

s:K-towの面接はいかがでしたか?

三:当時は、様々なことを面接でやっていましたね。
筆記、団体面接、コーディネートと面接、梨花風のブロー、
サロンワークと色々としました。
その梨花風のブローは三日前に言われたので、急いでウイッグ
買ってカットカラーして持って行ったのを覚えていますね。
これくらい見ないと見分けられないなあ とは思いますけどね。

IMG_8557

s:面接で気をつけていたことはありますか?

三:K-towに入るイメージを持って面接してましたね。
落ちることなんて考えずに、サロンが好きっていう
事は伝えたかったし、ここしかないです!と言うのを
アピールしましたね。

s:アシスタント時に頑張っていたことは?

三:接客ですね。
1、 2年目で苦戦したので、青山のサロンなので大人な
接客をしていたんですが、1年目の4月に店販が自分だけ
0だったのが凄く悔しくて、先輩に相談したら「そんなに
背伸びしなくてもいいんじゃない」と「可愛がられるキャラ」
と言うことを貰って変わりました。顔が童顔なので無理した
感じだったんでしょうね(笑)

技術では、自分は努力型だと分かっているので新人の頃は
毎日練習しましたし、先輩を先に帰して練習して鍵閉めて
朝、鍵開けて練習してと言うのを繰り返していました。

s:どんなスタイリストになりたいですか?

三:K-towには色々な個性があるスタイリストがいるんで
女性の美容師ならではの、何でも言ってもらえるお客様と
美容師関係にはなっていきたいですね。
あとは、美容室で作ったヘアスタイルが自宅に帰ってからも
作れるアドバイザー的な存在になりたいですね。

s:女性美容師らしい考え方ですね。

三:そうですね。共感、共鳴出来るので、仲良くなると悩みも
言ってくれるし、こちらもその悩みに共感しやすいのが
女性美容師かなと思いますね。

s:女性美容師にとっての重要な結婚に対していかがですか?

三:結婚したいですね!!
したいですけど、働きたいので美容師を辞めるなんて
考えは一切ないですね(笑)
なので、働いてもいいよって言ってくれる人がいいですね。

K-towで今結婚している人が沢山いるんですよ。
うちの会社は、女性に対して凄く理解があって
始まりの時間とか終わりの時間とかもフォローして
くれていて、日曜休みとかも月一回取れている人も
いますよ。

s:三田さんには、そんなご予定はあるんですか?

三:ないです(笑)
ここに居ると、美容師は結婚できないとか
言い訳出来ないですね(笑)
出会いを求めないとダメですね。

s:いい環境なんですね。

三:そうですね、本当にやさしいです。
上の人が、女性に気を配って頂いているので
産休終わって、戻っておいでとか話してくれて
いると思うので、そういう環境がありがたいですね。

IMG_8555

 

s:最後に、美容師を目指す人たちにメッセージをいただけますか?

三:美容師は一生続けていける仕事ですね。
そしてお客様のライフスタイルを変えられて、自分の
おしゃれが出来て、仕事になっている職業ってそう
無いなと思います。
お客さまから「良かった」とか「ありがとう」
を聞いた時は本当にやっていて良かったなあ
と思いましこんなに、やりがいのある仕事って
ないんじゃないかなって思います。
大変ですけど(笑)

IMG_8564

三田さん、K-tow の皆さん、お忙しい中

ありがとうございました!!

今までの卒業生インタビューは

↓こちらから↓

卒業生インタビュー


 

ページトップへ