住田美容とは?

沿革

緻密な指導と充実の設備の両面から、生徒一人ひとりをサポート。 美容界の「今」を常に見据え、学校もまた日々進化しております。

 

住田美容専門学校沿革

昭和24年2月 各種学校として認可され、東京女子文化学院を設立。
昭和25年3月 “東京高等美容学校と校名を変更。
初代理事長に住田良价就任。初代校長に山野千枝子就任。
昭和25年11月 厚生大臣より、美容師養成施設の指定を受ける。
昭和29年4月 美容師法の改正により、通信課程を併設。
昭和31年5月 新たに学校法人東京女子文化学園を設置してこれに移管する。
昭和37年3月 2代目理事長に住田良知就任。
昭和38年12月 鉄筋の地上5階、地下1階の新校舎を竣工。
昭和45年2月 初代山野千枝子校長逝去。住田良知理事長が校長を兼任。
昭和48年4月 男子生徒の入学を受付(男女共学)
昭和60年9月 専門学校としての認可を受け、住田美容専門学校と校名を改称。
平成3年10月 永年、学校教育と私学の振興に貢献したことに対し、学校教育功労者として、住田良知校長、東京都知事表彰を受ける。
平成7年12月 永年に亘る美容界における学校教育の発展、育成に尽力した功績に対し、住田良知校長、藍綬褒彰を受ける。
平成17年4月 3代目校長に住田 知之就任

 

校長ご挨拶

sumida住田美容専門学校が最も大切にしていること。
それは、「美容業界で受け入れられる人材を育成する」ということです。美容業界は、とても魅力的な世界です。技術を身につける。感性やセンスを磨く。お客様と接し、コミュニケーションをとる。すべて美容師さん自身が行うことです。ですから、美容師さんになる準備をする期間が必要になります。
私たちは美容学校こそ、この大切な「準備期間」であり、決して、美容師免許を取得するだけの場所ではないと考えています。
技術を習熟させることも、感覚を磨くことも、コミュニケーション能力を上げていくことも、そう簡単なことではありませんし、人によって成長の早さも違ってくるものです。
だからこそ、住田では120名という定員で運営したいと思っています。
生徒を理解し、性格を覚え、夢を聞き、その為に必要な指導を行う。これは決して、簡単なことではありません。ましてや美容業界は、個性の世界。美容室側の希望する生徒像も一概ではないのです。希望の美容室に入るためのアドバイスも、美容室ごとに違ってくるのです。
少ない人数だからこそ、できる指導があり、取れるコミュニケーションがあります。
学校を卒業して美容業界に入った後、「ああ住田美容専門学校で良かった」と言って頂けるよう、厳しく、そしてできるだけ細やかに指導をしてまいります。
本気で美容師になりたい方と、本気で美容師を育成したい先生。
そんな出会いのある美容学校であり続けたいと思います。

 

 

ページトップへ