住田美容とは?

中学生でも分かる!美容業界入門

step6
長く続けられる仕事なの?

 

「ずっと続けられる仕事に就きたい!」
そう考えて進路を選ぶ人もいると思います。

けれど、世の中に「永遠」はありません。

今人気のある会社も、50年先まで
「ずっと人気」かどうかは分かりませんし、
同じ製品を作り続けるかどうかも分かりません。

ガソリン自動車、白熱電球、カセットテープ…
過去に人気のあったものでも、
「使われなくなる」可能性はあるのです。

だから「絶対確実に長く続けられる仕事」はありません。

けれど「きっと、これから先もあるだろう仕事
の一つに「美容業」があります。

 

think6
どんな仕事なのかを冷静に分析しよう。

 

理由その1:日本全国(世界中)で必要な仕事だから

1ヶ月に髪の毛は、約1センチ伸びます。
3ヶ月なら3センチ、6か月なら6センチです。

伸びた毛を「切りたい」と思った場合。
「適当に切る」とか「全部、剃る」のであれば
美容師さんは必要ありません。

けれど、
「キレイに切りそろえたい」
「かわいくなりたい」
「流行の髪型にしたい」
という「デザイン性」が必要な髪型には、
「技術」と「センス」が必要になります。

日本全国の人が、
「ヘアスタイルがどうなろうと気にならない」と
思わない限り「技術とセンスのある美容師」は、
必要とされるハズです。

理由その 2:機械やネットで代用できない仕事だから

みなさんは服や本を、どうやって買っていますか?

服ならブティック行く場合もあるでしょうし、
大型スーパーや量販店で買う場合もあると思います。

また、古着屋さんやアウトレットで買うかもしれませんし、
通信販売やインターネットかもしれません。

このように「服」や「本」は、
「いろいろな場所で売られている」のが現代であり、
ブティックは、「大型スーパー」、「古着屋さん」、
「通信販売」、「インターネット」などがライバルとなります。

けれど美容の場合、これらのライバルが存在しません。

「大型スーパーでヘアスタイル買ってきた!」
「ヘアスタイルをリサイクルに出してきた!」
「通信販売で希望の髪型になれた!」
「インターネットで美容室に行ったのと同じ効果!」

これらは「おかしな文章」ですよね!
みなさん一人ひとりのヘアスタイルは、
美容師さんと相談しながら、
一人ひとりのために作っていくものです。

「買ってくる」のではなく、
「あなたの頭の上に作っていく」ものであり、
「一人ひとりのオーダーメイド」だから、
ヘアスタイルを作るには、これからも
「美容師さんが必要」なのです。

 

 

ページトップへ