住田美容とは?

中学生でも分かる!美容業界入門



仕入れはいくら?を考えてみましょう。

お金を稼ぐためには、
何かの仕事をしなくてはいけませんよね。

例えばアルバイトの場合、時給900円の仕事なら、

1日8時間働いたとすると、 900円 × 8時間 = 7,200円
週5日働いたとして 7200 × 5日 = 36,000円
1ヶ月を約4週間とすると、36,000円 × 4 = 144,000円

と、こんな感じて「稼げる」ことが分かります。

「一ヶ月14万円!?結構いいんじゃない!!」

そう思う人もいるかもしれませんが、
もう少し計算を続けてみましょう。

 

月144,000円で1年働くとすると、
144,000 × 12カ月 = 1,728,000円(約173万円)

つまり、この計算で行くと
年収200万円以下になってしまいます!
今、「ワーキングプア」という「働いているのに稼げない人たち」のことが
問題になっていますが、
時給や週給でなく「年収」で考えないと、
この問題の深刻さは理解できないのです。

「時給900円だと、ちょっと少ないな…」
そう思ってもらえたら、美容師が、
「これより稼げる仕事なのか?」
を研究する意味はありますよね!

ではいよいよ、美容業界の収益について考えてみたいと思います。
年収は173万円以上あるのでしょうか?

ここで考えなくてはいけないのは、
「1回の仕事でどの位、純利益があるのか?」
ということ。
純利益とは「仕入を差し引いた利益」のこと。
例えば、ノートを80円で仕入れ100円で売れば、
ノート一冊売ると20円の純利益になりますよね!
(100円まるまるは、儲けにはならないのです。)

売上から仕入れを差し引いた金額が企業の利益になり、
その利益の中から「お給料」は出ることになります。
※もちろんお給料以外の費用、家賃、光熱費、通信費、
広告宣伝費等も利益の中から出ます。

美容の場合、カットやカラー、パーマなど、
様々なメニューがありますが、ここでは代表で
「カット」について考えてみたいと思います。

カット料金が4,000円の場合。
仕入れはいくらになるでしょう…?
…!?あれっ?
仕入れる「モノ」がありませんよね!

つまりカットの場合、

カット料金 仕入れ = 純利益 ですから、
4,000円0円 = 4,000円が純利益です!

一人のお客様のカットで4,000円であれば、
一日3人(しかお客様が来ない)美容室でも、
一日の純利益は12,000円です。

もしこの状態(かなり寂しいお店ですが…)が、
一ヶ月(20日働く)続いたとしたら、
12,000円 × 20日 = 240,000円

そしてそれが1年(12カ月)続いたとしたら
240,000円 × 12カ月 = 2,880,000円

約290万円が、年間の純利益になります。

…これは、カット以外の技術を全くしないという
かなり極端な例ですが、純利益は決して
少なくない職業だと思いませんか?
もしカット料金が6,000円なら、
6,000円 × 3人 × 20日 × 12カ月
4,320,000円 (432万円)になります。

これは一人の人が働いて「稼げる金額」としては、
決して「少なくない金額」だと思いませんか?

「1日3人のお客様でも、収益がある仕事」であり、
「仕事を覚えれば、10年後の心配もない」美容師は、
「もうからない職業」ではないのです。

 

 

ページトップへ