その⑦「本番の直前に思うこと」(最初の観客は?)

5月からスタートした1年生のヘアショー企画も、いよいよ大詰め。

ついに1週間前になり、地下ホールに舞台が設置されました。

スクリーンショット 2016-08-01 13.04.52

学生たちにとっては始めてのステージ!

今回のイベントは、石山さんやRieさんと一緒に舞台に立つので、音楽や映像、演出や効果などは、すべてプロ仕様!

スクリーンショット 2016-08-01 13.03.19

実は2016の ROCK IN JAPAN にも出演予定のプロのアーティスト様が、楽曲を6/13日用に特別に書き下ろしてくださいました!

ヘアショーという一つのイベントにも様々な方が関わってくれていることを知って、改めて「良い結果を残そう!」と決意する学生たち。

スクリーンショット 2016-08-01 12.58.39

そんな彼らの初めてのヘアショーを見てくれるのは、同期のクラスメイトです。

今年の4月に入学した「同じクラスメイトに技術を見せる」というのは、かなり緊張すること。

スクリーンショット 2016-08-01 12.54.07

お互いまだ美容の事をほとんど知らない学生ですので、技術的な差はほとんどありません!

あるのは「ショーをやってみたい!」という気持ちと「そのために頑張ってきた日々」なのです。

さて、約1ヶ月の特訓は、どのような結果となったのでしょう?

それは、サポートした人、ショーを観た同期、そして実際にショーに出た学生たち、それぞれに直接聞いてみたいと思います。

(つづく)

ページトップへ