その⑥「練習が自信を育てていく」(上手って楽しいことなのです)

ヘアショーは、技術ができれば良いだけのイベントではありません。

ヘアショーは、舞台の上で技術を完成させなくてはいけないので、制限時間内に仕上げなければならないのです!

スクリーンショット 2016-08-01 12.47.34
今回のショーのステージでの技術時間はたった10分

10分でどこまでキレイに仕上げられるか!!

これがヘアショーに求められる技術力なのです。
けれど求められることはそれだけではありません!

技術中の表情だって、姿勢だって、歩き方だってカッコよくなくてはならないのです。

スクリーンショット 2016-08-01 12.43.11

舞台に立つことになった学生にとっては、それら全てが始めての経験。

いっぱいいっぱいになりながらも、必死でレベルアップする毎日が始まりました!
でも、このことは選ばれた学生だけが学んでも意味がありません。

このプロジェクトに参加した学生は、夏休みのオープンキャンパスで全員が舞台に立つ予定。

だから今回選ばれなかった学生だって、次のショーでは舞台に立つのです。

作品のレベルは自分で練習!
人前で仕事をするために必要なポイントは、経験者の石山くんやRieさんがサポート
歩き方や舞台での表情などはプロのモデルのさんからアドバイス

スクリーンショット 2016-08-01 12.48.45

サポートしてくれる方々と一緒にレベルアップする日々が、高校生だった学生を、次第に美容師さんのようにしていくのです。

(つづく)

ページトップへ