卒業生インタビュー apish jeno 嶋根さん

卒業生インタビュー第1回目は、卒業生で

apish jeno 店長兼ディレクターをされている嶋根 寛明さんにインタビューさせて頂きました!

apish jenoホームぺージ

IMG_0152

ssbs:美容師になるキッカケは何だったんですか?

嶋根:きっかけは母親が美容師なのが一番の

   キッカケですね。

   自然となるのかなあと思っていました。

   小さい頃から髪を切って貰っていました

   し、母親が働いている美容室に

   行って夏休みとか、そこで宿題をやった

   りとかしてましたし、

   中学生までは他の美容室に行ったことが

   無くて自然と母親みたいになりたいなあ

   と思ったのがキッカケですね。

 

ssbs:色々美容学校がある中で、なんで住田美容専門学校だったんですか?

嶋根:まずこの辺りの美容室に、やっぱり就職

   したかったので、だったら近くの美容学

   校に行った方がいいと思ったし良い刺激

   にもなったし、就職し易いんじゃないか

   なあと思って。

   単純な考えなんですけど 笑

 

ssbs:美容学校時代どんなでした?

嶋根:基本そんなにがんがん行くタイプでは

   なかったので。。。

   どちらかというとこう、

   静かにもくもくと

   練習をするタイプでした。

   友達も自分からつくるじゃなくて、

   ご飯食べようよって誘われて。

   じゃあ、みたいな 笑

   あとは、有名美容室に行きやすくて

   良かったですし、学校帰りによく

   サロン見学をして帰りましたね。

ssbs:apishに決めた理由は?

 嶋根:色々と見た中で、apishは

    仲のいいサロンのイメージがあって、

    会社説明会でスタッフ同士が仲が良い

    感じが凄く伝わって来たので

    決めましたね。

    他のサロンも色々と受けましたけど、

    今apishで仕事が出来て本当に

    良かったと思ってますし、

    もっとこのサロンを発展させたい

    と思ってます。

 

 

ssbs:apishのアシスタント時代は、どんなでしたか?

嶋根:必死でしたね。

   辞めたい時もありましたし、でもそこを

   乗り越えないとスタイリストになれない

   ですし、その為には練習会や個人でも

   夜に練習をしてました。とにかく練習し

   ないと上手くならないので練習は

   やってましたね。

 

ssbs:それが近道だと思って練習してましたか?

 

嶋根:自分の性格を知るってことも大事

   なので、あまり練習をしなくても

   出来る人もいますし、そこで自分が

   出来ないであれば練習しないと

   駄目ですから美容師としてやっていく

   為には上手にならないといけないし、

   人間性の面でもお客様に喜んで頂ける

   魅力のある人にならないと、

   とは常に思っていますね。

     
    

    apishのアシスタント時代は

    人によっては、長かったりしますし

    短ければいいと言う訳じゃない

    ですし、やっぱりアシスタントの時

    にどれだけ魅力のある人間になれ

    るかが、非常に大切になってくると

    思うので、単に早くなって人間性に

    追いつてない人では、お客様から

    支持されないですし、支持されてる

    人って人間的にも技術的にもある

    と思うので、そこは自分がどれだけ

    色々考えて経験して成長して

    スタイリストになるかだと思います。

 

ssbs:スタイリストになる時にapishでは技術だけじゃなく人間性の見極めをしているんですか?

嶋根:スタイリストになるチェックの時には

   スタイリスト全員で見ますし

   技術があったとしても人間的にまだかな

   と判断をした時には

   合格にならないですね。

    今、一緒に仕事をしてくれている

    僕のメインアシスタントの子は

    もうすぐチェツクをしてデビュー

    出来るだけの人間性と技術力なので

    楽しみですね。

    こうやって自分から巣立って活躍して

    いくのを見るが、楽しみで、美容

    学校の先生もそうだと思いますが、

    教え子が活躍してるところを

    見るのが嬉しいなとか、

    仕事のやりがいを感じたり

    しますよね?

 

ssbs:そんな嶋根さんの活躍を見て同じ気持ちになります(笑)

 ssbs:嶋根さんは、アシスタント時代を含めると13年位経つんですが続けられた理由とは何ですか?

 嶋根:辞める勇気がなかっただけですかね

    (笑)

ssbs:それだけで続けられないですよね(笑)

嶋根:人によっての考え方だと思うん

   ですけど、僕みたいな立場に

   なって来ると同じサロンで続けて

   やっていく事もいいですし、独立

   して自分の店を出す為に辞める

   のも一つ考え方だと思います。

   僕の考え方ですけど、独立したから

   儲かると思っている人は実際に

   多いんですよ。世の中そんなに

   甘くはないですから、独立する

   資金ぶりだとか正直大変だと

   思います。

   それでお店を出して、十年後に残って

   いるサロンは限られてくるので

   だったら、今いるサロンで結果を残して

  貢献しサロンと自分が発展するような

  方が、僕はいいと思ってますね。

  でも独立が悪い訳じゃないです、

  考え方の違いだと思います。

 

ssbs:スタイリストになってアシスタントから変わったこと?

嶋根:美容師で食べていくんだ!

   という気持ちが強かったので、

   そこでどうしたらお客様に喜ん

   で頂けるんだろうとか、技術だけ

   じゃなくてこういう事をしたら

   嬉しいんじゃないかとかを

   考える様になりましたね。

   お客様の些細なところを気付ける

   様に、例えば

   「可愛いピアスしてますね」とか

   サロンに綺麗になりに来ているので

   お洒落していると思うので気付いて

   あげられる方が気持ちよく過ごして

   帰って頂けるかなと意識する様

   なりましたね。

IMG_0132

ssbs:それって男性だと気が付き難いことですよね?

嶋根:そうですよね、難しいと思います。

   それを自然に言えるかどうか、

   いやらしく言うとダメなので、

   どれだけお客様の事を考えて

   あげられるかですね。

   技術も同じで季節によって、

   髪が広がりやす梅雨時期には

   まとまり易いカットをしますね。

ssbs:そのような事は、カウンセリングの時に伝えている事が多いんですか?

嶋根:そうですね、初めにも伝えますし

   カットしながらも説明してますね。

   そうするとお客様が、この美容師

   さんは季節によって変えてくれ

   てるんだなと思ってもらえますし、

   お客様の信頼されるには毎回

   同じではダメだと思いますよね。

   毎回同じだったら他のサロンの人

   が切っても同じなので違うサロンに

   行こうと思われてしまうのも仕方ない

   ので、そうならない為には、

   その人の為に考えてこのスタイルに

   したと言うのがあれば、次も季節に

   合わせたスタイルをしてくれると思って

   貰えますよね。

   そうしないとお客様が

   信頼してくれないですから。

IMG_0160

ssbs:美容師になる前に不安とかはありましたか?

嶋根:不安と言うよりは、期待の方が

   大きかったですね。

   憧れていたので美容師として楽しい

   生活が待ってる。もしくは、有名に

   なって雑誌に載ってやろうとかを

   考えていましたね。

   なので期待の方が大きかったですね。

   自分は、今apishの採用に携わって

   いるんですが、美容師の憧れという

   のもあるんですが、それよりも現実を

   見ている人が多い感じがしますね。

 

ssbs:そうなんですか?

嶋根:例えば、週休二日制とか

   スタイリストデビューまで何年という

   条件面を気にしてる様で、自分は

   その辺は気にしなかったので

   それよりも憧れのサロンで働けて、

        そこで活躍したいという気持ちでした。

   時代の変化とは思います。

 

ssbs:美容師になってのギャップはなかったですか?

嶋根:この仕事しかしてないので無かった

   ですね。

   こう言うものだと思ってました。

   周りの美容師仲間や学校のクラスメイト

   とかでapishと比べることは

   ありました。

   自分の方が、アシスタント長いし

   皆デビューしてるのでお給料の

   違いも考えましたね。

 

ssbs:その葛藤とかはありましたか?

IMG_0113

 嶋根:ありましたよ、丁度その時に辞めよう

    と思いました。デビューによって

    当然お給料も変わってきますし、

    26歳27歳になった時に、

    普通に大学行って卒業して就職して

    たら、これ位のお給料だったかなあ

    とは考えましたね。

 

ssbs:今のapishのポジションで生活面はいかがですか?

嶋根:自分の年齢の会社員の方よりも

   貰ってると思います。なので、あの時

   辞めなくて良かったと思ってますね。

   夢のある仕事なので辛かった分、

   自分に返ってくる仕事なので、

   頑張ってれば絶対に結果はついて

   くるものだと思ってます。

 

ssbs:最後に美容師なる人にメッセージを頂けますか?

IMG_0170

嶋根:美容師は人を幸せに出来る仕事

   なので、特に男性は女性を綺麗にする

   仕事は数少ないので、それを幸せに

   出来てまたお願いしますと言って

   もらえるは本当にいい仕事だな

   と思いますね。毎日仕事をしてい

   ても飽きが来ないですし、

   自分には天職だと思います。

 

ssbs:美容師になる人は増えて欲しいですか?

嶋根:増えて欲しいですね。

   もっと業界を良くしていきたいし

   美容師の地位を上げて行きたいです。

   これだけ頑張って素敵な仕事している

   ので、それを皆に分かってもらい

   美容師になりたい人が増えることを

   願いますね。

 

IMG_0172

ページトップへ